カーペットや畳敷きの部屋をフローリング、その時にフロアコーティング

フロアコーティングというのは簡単に言うと、ピアノの鏡面仕立てのように床材をコーティングすること。

つまり、フロアコーティングというのは床を家具やピアノのように塗装するということです。

当然、塗るのは塗料、しかし、塗料の進化は凄まじく、紫外線硬化樹脂と紫外線照射で簡単に硬化被膜を作ることが出来るようになっています。

ですから、フロアコーティングされた床面のなかには産業廃棄物として処理する際に、特別な配慮が必要なものもあります。

フロアコーティングは毎月のワックスかけを簡単にするだけでなく、床面に光沢を与え、長く床面を守ってくれるもの。

新築の住宅の床面をフロアコーティングするのは簡単ですが、すでに生活感が出てしまった床面の場合には床のメンテナンスから必要になるのが普通です。

住宅によってはカーペットや畳敷きの部屋をフローリングにして、一緒にフロアコーティングもしておきたいという場合もあるでしょう。

【フロアコーティングよいしょブログ:http://www.rent-car-rabat.com/】でも書かれていましたが、畳やじゅうたん、カーペットの部屋は少しずつ少なくなってきているようです。

そうした部屋をフローリングにするとなると、古い畳は産業廃棄物として処理する必要が出てきますし、カーペットなども処分が必要です。

トータルの費用としてフロアコーティングにはいったいいくら掛かるのかというのが算出しにくいのは、こういったことも絡んでくるからです。

産業廃棄物としても、フロアコーティングを処理する際、今度は塗料の種類がどういうものなのかということをチェックする必要もあります。

フロアコーティングの業者を探す場合には、工事の前後のことを考える必要があるのです。